物件資料の目利き講座

2019年02月28日732

良い物件を探して購入するためには、物件が本当の姿を見抜く力が必要だ。

それに加えて、沢山の物件情報を見なくてはいけない。

物件を探すためにはとにかく物件の概要資料を沢山見て、検討していいものなのかどうかを素早く判断する必要がある。

実際の物件概要資料とレントロールを元に、データのそれぞれの役割と、どのように分析するか徹底的に解説する。

一覧の判断の流れを身につけると、物件概要資料で見るべきポイントがわかる。

それに伴って、なぜ購入するべきか、もしくは購入してはいけないのかの判断を瞬間的に見極めることが出来るようになる。

物件の除法をこれらの一次資料から読み取る力を養えば、他の人の見えていないことが見えて来るだろう。

収益物件の概要資料・レントロールの目利き1(栃木鉄骨木造物件)

収益物件の概要資料・レントロールの目利き2(名古屋RC物件)

収益物件の概要資料・レントロールの目利き3(茨城高利回り物件)

収益物件の概要資料・レントロールの目利き4(都内高利回り物件)

収益物件の概要資料・レントロールの目利き5(大阪RC物件)

収益物件の概要資料・レントロールの目利き6(愛知RC物件)

収益物件の概要資料・レントロールの目利き7(新潟鉄骨物件)

収益物件の概要資料・レントロールの目利き8(岐阜RC物件)

45歳の会社員が
"たった3ヶ月で月35万円”
を得た不動産投資が学べる
無料メール講座

投資家1,000人以上と面談して見つけた成功ノウハウ
会社員が失敗しないで月35万円以上を得るための
不動産投資の全手法が学べるのはここだけ!

今なら3大特典もプレゼント

  • 特典1:全68ページ!不動産投資マニュアル
  • 特典2:利回り10%以上も!完全非公開物件情報の配信
  • 特典3:最新のセミナー情報優先配信

メールアドレスはメール配信とご案内にのみ使用し、第三者に渡ることはありません。
詳しくはプライバシーポリシーをご確認ください。

2020年11月26日更新 全25の金融機関の
エリア,金利,融資割合等を調査した独自PDF!

 

CLOSE

Page Top