アパート投資で覚えておくべきリフォームの単価一覧

2019年02月28日334

リフォームを他の人がどの位の単価でやっているのか皆気になるところだろう。

私は年間数百万円~1千万円のリフォームを行っており、不動産会社と違って様々な地域で色々な会社に発注をかけている。

リフォーム単価の金額はかなり精緻に感覚を掴んでいるつもりだ。

これよりも大幅に安く出来た事例は他にいくらでもあると思うが、一般的な標準単価として、見積もりを行う際の参考指標にしてみて欲しい。

なお、価格は関東の標準的な値段となっている。関西の方が関東よりも安く施行出来る傾向がある。

具体的な金額と型番は、リフォーム事例2(ウッド)に掲載している。

項目 単価 備考
クロス 750円~900円/㎡ 標準的な白クロスを想定。700円台は安く、900円台だと高い。
クッションフロア 2,500円~3,000円/㎡ 安価なクッションフロアを想定。フロアタイルにすると1.5倍程度の価格になる。
巾木 1,200円/本
IHクッキングヒーター変更 25,000円/一式 材工含めた金額。
カラーモニターフォン変更 25,000円/一式 材工含めた金額。既存のインターホンがある前提。
クリーニング 1,000円/㎡ 平米数が広いファミリー物件であれば600円~700円/㎡程度で対応可能。
クロス・CF・クリーニング一式 5,000円/㎡ 汚れがそれほどない部屋の大まかな概算。クロスとクッションフロアは全面取り換えを想定。
かなり汚れている室内のリフォーム 10,000円/㎡ 物件購入前の部屋を見る際、左記の値段で概算を出せば、かなり汚れている部屋でもリフォームが出来る算段が立てられる。
屋上防水(売却措置用) 3,500円/㎡
屋上防水(通常) 5,000円/㎡
バランス窯交換 400,000円 概算。浴室の状態によって変わる。
バス・トイレ分離工事 500,000円 3点ユニットのトイレ部分をはずし、室内のクローゼットなどを潰してトイレを新設した場合の概算。

45歳の会社員が
"たった3ヶ月で月35万円”
を得た不動産投資が学べる
無料メール講座

投資家1,000人以上と面談して見つけた成功ノウハウ
会社員が失敗しないで月35万円以上を得るための
不動産投資の全手法が学べるのはここだけ!

今なら3大特典もプレゼント

  • 特典1:全68ページ!不動産投資マニュアル
  • 特典2:利回り10%以上も!完全非公開物件情報の配信
  • 特典3:最新のセミナー情報優先配信

メールアドレスはメール配信とご案内にのみ使用し、第三者に渡ることはありません。
詳しくはプライバシーポリシーをご確認ください。

45歳の会社員が"たった3ヶ月で月35万円”
を得た不動産投資が学べる無料メール講座

 

CLOSE

Page Top