空室対策のためのキラーアイテム(宅配ボックス)

宅配ボックスはここ10年ぐらい分譲マンションを中心に多く普及されているので、ほとんどの人が見たことがあると思う。

しかし、築15年以上のアパートやマンションに導入されていることは大変稀なため、導入すれば他物件との差別化が図れるだろう。

預け入れたものの情報を全てセンターにて集中管理を行う、メンテナンス付きの宅配ボックスもある。

しかし費用対効果が悪いので止めた方が無難だ。

賃貸マンションであれば、キーロック方式の簡便な宅配ボックスで十分事足りる。

使い方は簡単で、宅配業者が荷物を宅配ボックスに入れ、暗証番号を設定する。

その暗証番号を、不在通知とともに該当の入居者のポストに入れるだけだ。

受領印は、宅配ボックスに備え付けの共用の印鑑を利用する形で問題jない。

おススメなのはe-Opnus社の宅配ボックスで、10万円程度で購入出来る。

防滴付きのタイプもあるので、屋外での設置も可能だ。

  • twitter
  • facebook

トップ1%の物件を3か月以内に買うのも夢じゃない!
オンライン講座で学べる不動産投資戦略。

無料オンライン講座とは

メールアドレス

ご記入いただいた個人情報は、不動産投資ユニバーシティ<アパート経営・資産運用>のメール配信とご案内のみに使用させていただくものです。あなたの個人情報が第三者に渡されることはありません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

関連記事

無料オンライン講座 物件購入・融資付けノウハウを学ぶ

特集

  • 失敗しない金融機関選び25選
  • メガバンクから金利1%台で融資を受ける方法
  • 消費税還付で500万円得した事例
  • 一棟マンション・ビル・アパートを高値売却するため方法
  • 不動産投資のリスク
  • リフォーム事例と費用
  • 講師代表 志村義明氏インタビュー
  • 会社に勤めながら資産をつくる「不動産投資」入門