空室対策のためのキラーアイテム(ウォッシュレット)

2020年12月18日223

ウォッシュレットは、もはや当たり前のものとして付いていておかしくない設備だ。

もし導入が出来ていない場合は、早急に取り付けよう。

費用も安価で、国内メーカーのものが1万円台前半からある。取り付け費用と合わせても2万円以内で導入可能だ。

追加で取り付ける際の注意点として、トイレにコンセントがない可能性があることが挙げられる。

その場合は、配線の工事も一緒に行う必要がある。

3点ユニットの物件には、基本的に付けることが出来ない。防水機能がないからだ。

3点ユニットでも対応できるタイプもあるようだが、割高になる可能性もある。

無理して設置するよりは、木製の便座にするなどのデザイン面での付加価値向上を図った方が良いだろう。

ウォッシュレットの設置により、他の物件との差別化が決定的になることはないだろう。

しかし、照明、エアコン、ガスコンロ、TVモニターホンなどの基本設備を全て導入してある築古物件は稀だ。

基本的な設備でもフルラインアップで揃えれば差別化は出来る場合が多いので、賃貸の営業マンと相談しながらぜひ検討してみて欲しい。

この記事の監修者

不動産投資ユニバーシティ代表 志村義明
大学を卒業後、大手シンクタンクに入社。リテール金融ビジネス向けの業務に従事。愛知、埼玉、山梨等で不動産賃貸業を展開し、会社員時代に合計100室超を購入。高利回り物件の投資を得意とし、保有物件の平均利回りは16%超にのぼる。現在は不動産会社(宅地建物取引業者 東京都知事(2)第98838号)を経営。
詳細プロフィール

37歳の会社員が
"たった3ヶ月で月42万円”
を得た不動産投資が学べる
30日間無料メール講座

大手上場企業、外資系会社員ら12,699名が購読!
会社員が失敗しないで月40万円以上を得るための
不動産投資の全手法が学べるのはここだけ!

今なら3大特典もプレゼント

  • 特典1:全68ページ!不動産投資マニュアル
  • 特典2:利回り10%以上も!完全非公開物件情報の配信
  • 特典3:最新のセミナー情報優先配信

メールアドレスはメール配信とご案内にのみ使用し、第三者に渡ることはありません。
詳しくはプライバシーポリシーをご確認ください。

2021年6月5日更新 全25の金融機関の
エリア,金利,融資割合等を調査した独自PDF!

 

CLOSE

Page Top