空室対策のためのキラーアイテム(宅配ボックス)

2019年08月08日793

宅配ボックスはここ10年ぐらい分譲マンションを中心に多く普及されているので、ほとんどの人が見たことがあると思う。

しかし、築15年以上のアパートやマンションに導入されていることは大変稀なため、導入すれば他物件との差別化が図れるだろう。

預け入れたものの情報を全てセンターにて集中管理を行う、メンテナンス付きの宅配ボックスもある。

しかし費用対効果が悪いので止めた方が無難だ。

賃貸マンションであれば、キーロック方式の簡便な宅配ボックスで十分事足りる。

使い方は簡単で、宅配業者が荷物を宅配ボックスに入れ、暗証番号を設定する。

その暗証番号を、不在通知とともに該当の入居者のポストに入れるだけだ。

受領印は、宅配ボックスに備え付けの共用の印鑑を利用する形で問題jない。

おススメなのはe-Opnus社の宅配ボックスで、10万円程度で購入出来る。

防滴付きのタイプもあるので、屋外での設置も可能だ。

45歳の会社員が
"たった3ヶ月で月35万円”
を得た不動産投資が学べる
無料メール講座

投資家1,000人以上と面談して見つけた成功ノウハウ
会社員が失敗しないで月35万円以上を得るための
不動産投資の全手法が学べるのはここだけ!

今なら3大特典もプレゼント

  • 特典1:全68ページ!不動産投資マニュアル
  • 特典2:利回り10%以上も!完全非公開物件情報の配信
  • 特典3:最新のセミナー情報優先配信

メールアドレスはメール配信とご案内にのみ使用し、第三者に渡ることはありません。
詳しくはプライバシーポリシーをご確認ください。

2020年5月27日更新 全25の金融機関のエリア,
金利,対象年収,融資割合がわかる独自レポート!

 

CLOSE

Page Top