5,285人がダウンロードした無料PDF「失敗しないための金融機関選び25選」 詳しくはこちら

不動産投資ユニバーシティセミナーレポート

2019年06月21日154

不動産投資ユニバーシティ主催のセミナーが6月12日(水)に開催されました。普段はセミナーの内容は非公開なのですが、今回は特別にセミナーの内容と風景を写真付きで紹介していきます!

[次回開催予定のセミナー]

 

融資が厳しい時代に優良物件を購入する不動産投資セミナー

資産運用、資産形成をしないと安心できない時代に突入してきている中で、失敗している人があまりにも多いと感じている不動産投資ユニバーシティ代表の志村。

445人の物件購入データを分析した結果、優良物件を購入している人はわずか5%。物件の知識がない、相談できる人がいない、戦略がない、買い進められない…、そんな悩みを解消するために、不動産投資ユニバーシティではセミナーを開催しています。

うまくいかない「理由」と「対策」を解き明かす

■失敗せずに不動産投資を成功させるために必要なこと

1.目指すゴール …25%

2.戦略・ノウハウ …25%

3.失敗要因を取りのぞく …50%

不動産投資をすでに始めている人、これから始めようと思っている人が、失敗せずに不動産投資を成功させるには「失敗要因を取りのぞく」ことが重要です。そんなの当たり前!と思う人が多いかもしれませんが、これができていない人がほとんどなのです。

そもそも、失敗要因とは何か?ということがわからず、失敗への道を歩んでしまいます。

失敗要因を取りのぞき、不動産投資を始める前からゴールを設定し、目標にむかって戦略を立てる事が重要です。

不動産投資ユニバーシティのセミナーでは「失敗要因とは何なのか」を明確にして、うまくいかない理由をみつけていきます。

不動産投資家はどんな物件を買うべきか?

不動産投資を始めるうえで、誰もが考えるのは「どのような物件を買うべきなのか?」ということです。1000人以上の投資家と面談し、成功も失敗も見てきた志村だからこそたどり着いた明確な答えを紹介しています。

 

■不動産投資家が選ぶべき物件

・キャッシュフロー(利益)が出る

・相場価格より割安感がある

・満室運営ができる

[関連記事] 不動産投資でキャッシュフローを重視すべき理由は?エクセル計算書で図解!

 

不動産投資は景気に左右されにくく、家賃収入は「良くも悪くも安定している」ため、良いところで安定するには「物件選定」が重要です。

買う前に努力をして良いところで安定するか、妥協して選んでダメなところで安定するか。どちらを選ぶべきかは…わかりますよね?

とはいえ、不動産投資の初心者は「どんな物件なら利益がでるのか」がわかりません。計算だけなら、やり方を学べば誰でも出来ますが不動産はひとつとして同じ価格・同じ条件のものはありません。すべてがケースバイケースのため、土地の問題・エリアと価格の需要バランスなど、さまざまな問題が起こります。

その問題を未然に防ぐ、あるいは解決するためには、多くの物件を見ることと経験が重要になるのです。なので、「経験者に聞ける環境」が重要になってきます。

 

ほかにも「出口戦略の考え方」「具体的な失敗事例3つ」「失敗回避の方法」などを紹介しました。

 

セミナーに参加されたみなさん熱心に聞きいっています。

[関連記事] サラリーマン大家の悲惨な大失敗!毎月マイナス14万円…?

[関連記事] 収益不動産を探すには?ポイントを抑えて優良な物件を選定しよう!

不動産投資での失敗のほとんどは「空室」が原因

不動産投資での失敗のほとんどが「空室」が原因です。空室を回避するためには「想定家賃」と「入居需要」の調査が大切。志村のもとに、実際に相談に来られた3人の失敗事例を紹介しました。

騙されたのではなく、買うことを選択したのは自分自身。知識が足りないと失敗物件を買ってしまう可能性が高いため、不動産投資は勉強が不可欠です。

[関連記事] 不動産投資の空室リスクを0%に近づける方法

融資が締まっているから買えない?最新の融資情勢について

「融資が引き締まってきているから不動産投資はもうダメだ」という人も多いですが、2014年とほぼ変わらない状況。

物件を買えない人がよく言ういいわけは、融資が出ない時期は「融資がでないから買えない」、融資がでる時期は「利回りが低くて買えない」

融資が出にくい時期のいま、高利回りの物件がたくさん出てきているのも事実です。融資が出にくいと買える人が少なくなるため、高利回りの物件が出やすいのです。

融資が出にくい中で融資付けをするには、基本的に金融機関の開拓は自分で行うことが重要。融資が引き締まっている中でも物件を購入出来ている人のほとんどが自分で融資付けをしています。効果的な融資打診の方法、事業計画書の書き方があるので、その方法をセミナーで紹介しています。

 

ほかにも「物件を買い進める方法」「事業計画書の作成方法」「法人設立について」「消費税還付について」を紹介しました。

平日の夜のセミナーだったため、時間も限られていてまだまだ話し足りないほどでしたが、参加してくださったみなさん、メモを取りながら知識を学んでいました!

[関連記事] 不動産投資の初心者講座「融資が武器となる4つの理由」

[関連記事] 不動産投資の最初のローン金利が、次の融資に与える影響とは?

セミナー後は会場内で懇親会も開催

セミナー後は、会場内で懇親会を開催しています。

懇親会では、講師の志村がみなさんの質問に何でも答えます。セミナー内で疑問に思った事や、セミナーでは聞けなかった話を対面で直接聞ける機会はとても貴重です。

今回のセミナーでも懇親会の参加率は90%と、セミナーに参加された人のほとんどが参加しています。他の参加者の質問に志村が答えているのを聞いているだけでも非常に勉強になりますので、セミナーに参加される場合は、ぜひ懇親会まで参加したほうがいいと思います。

参加者の声

「まだ知識がほとんどゼロなので、具体的な課題感すらない状態なのですが、とても質の高い内容と感じ、どう進めたらいいか何となく分かった気がします」

 

「色々な問題が起きている状況下でも銀行が融資していることがわかって良かった。まだ成功するためのエッセンスをシンプルに教えていただけたのは良かった。」

不動産投資ユニバーシティのセミナーまとめ

不動産投資ユニバーシティのセミナーでは、毎回10~50名程度の「これから不動産投資を始めたい人」「物件の買い進め方がわからない人」が参加してくださっています。

セミナーでのアンケートでは、98%の人が「勉強になった」「参考になった」という回答を得られています。「失敗せずに不動産投資を成功させるために必要なこと」を知りたい人は、ぜひ一度、不動産投資ユニバーシティのセミナーにご参加ください。

[次回開催予定のセミナー]

 

あなたの不動産投資を成功に導く「無料メール講座」

メール講座の受講特典として「これから始める人のための不動産投資マニュアル」「25の金融機関の情報をまとめた最新の融資情報レポート」を差し上げます

登録したメールアドレスが第三者に渡ることはありません。詳しくはプライバシーポリシーをご確認ください。

2019年版「不動産投資を始める前に読むべきマニュアル」メール登録で無料プレゼント!

 

CLOSE

Page Top