5,285人がダウンロードした無料PDF「失敗しないための金融機関選び25選」 詳しくはこちら

縄伸び

登記簿に記載された土地の面積よりも、実際に測量した土地面積の方が広いことを指す。
反対に、実際に測量した面積の方が狭いことを「縄縮み」という。

地方の農地や山林などでは、測量技術の未熟な明治時代の登記簿のままになっているものもあり、縄伸び・縄縮みが起こりやすい。

また、縄伸びは、明治時代の税負担軽減のための過少申告のために意図的に行われたとも言われている。

「縄伸び」に関連する記事

Page Top