5,285人がダウンロードした無料PDF「失敗しないための金融機関選び25選」 詳しくはこちら

容積率

容積率とは、建物の延べ面積(延床面積)を敷地面積で割った割合のこと。

この容積率の割合が高いほど、延床面積の広い建物を建てることができるが、容積率は建築基準法や都市計画法によって用途地域ごとに限度が定められている。

容積率の計算方法は、例えば延床面積が160㎡で敷地面積が200㎡だった場合は以下のようになる。
160/200×100=80%…容積率80%

このように計算し、その用途地域での建築できる延床面積も容積率を敷地面積に乗じて求めることができる。
例えば容積率60%の用途地域では敷地面積200㎡の場合に建築できる建物の延べ床面積は最大で120㎡となる。

「容積率」に関連する記事

Page Top