空室対策のためのキラーアイテム(ウォッシュレット)

ウォッシュレットは、もはや当たり前のものとして付いていておかしくない設備だ。

もし導入が出来ていない場合は、早急に取り付けよう。

費用も安価で、国内メーカーのものが1万円台前半からある。取り付け費用と合わせても2万円以内で導入可能だ。

追加で取り付ける際の注意点として、トイレにコンセントがない可能性があることが挙げられる。

その場合は、配線の工事も一緒に行う必要がある。

3点ユニットの物件には、基本的に付けることが出来ない。防水機能がないからだ。

3点ユニットでも対応できるタイプもあるようだが、割高になる可能性もある。

無理して設置するよりは、木製の便座にするなどのデザイン面での付加価値向上を図った方が良いだろう。

ウォッシュレットの設置により、他の物件との差別化が決定的になることはないだろう。

しかし、照明、エアコン、ガスコンロ、TVモニターホンなどの基本設備を全て導入してある築古物件は稀だ。

基本的な設備でもフルラインアップで揃えれば差別化は出来る場合が多いので、賃貸の営業マンと相談しながらぜひ検討してみて欲しい。

  • twitter
  • facebook

トップ1%の物件を3か月以内に買うのも夢じゃない!
オンライン講座で学べる不動産投資戦略。

無料オンライン講座とは

メールアドレス

ご記入いただいた個人情報は、不動産投資ユニバーシティ<アパート経営・資産運用>のメール配信とご案内のみに使用させていただくものです。あなたの個人情報が第三者に渡されることはありません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

関連記事

無料オンライン講座 物件購入・融資付けノウハウを学ぶ

特集

  • 失敗しない金融機関選び25選
  • メガバンクから金利1%台で融資を受ける方法
  • 消費税還付で500万円得した事例
  • 一棟マンション・ビル・アパートを高値売却するため方法
  • 不動産投資のリスク
  • リフォーム事例と費用
  • 講師代表 志村義明氏インタビュー
  • 会社に勤めながら資産をつくる「不動産投資」入門