アパート経営で物件の駐車場台数を増やす方法

不動産投資をやっていると、車社会の地域と言うものが意外と多く存在することを知る。

主に地方都市周辺の地域で、電車ではなく車通勤が主な交通手段となる地域だ。

会社へは車を使って通勤し、買い物も近くのイオンやヨーカドーなどに車で行くようなライフスタイルとなる。

このような地域において、物件に何ら問題がないにも関わらず長い期間空室が続くのは、駐車場が足りないケースが多い。

一昔前はバスを使ったり電車の駅まで歩いて行けばよかったので車は不要だったが、時代が変遷していくにつれて駐車場が必要になることがあるのだ。

車社会の地域のファミリー向け物件では、1戸あたり2台分の駐車場が必要なケースが多いと言われている。

私の感覚だと、ファミリー物件で家賃帯が5万円前後など低い場合は1戸当たり1.5台あればギリギリ足りるケースもある。

しかしこれからこのような地域で物件購入を検討するのであれば、1戸当たり2台は見ておいた方が良いだろう。

では、駐車場が足りない場合どうするのかについてだが、駐車場の数を無理矢理増やすしか方法はない。

まず、造作物や不要なスペースがあれば、それらを撤去して駐車スペースにするのだ。

多少の出費は伴うが、公園やフェンスなどのスペースがあれば、住人に十分説明したのちに撤去してしまっていいかもしれない。

あとは近隣の駐車スペースを予め借りてしまって、又貸しするのも手も有効だ。この場合は住居の転貸は当たらないので、法律的にも問題ない。

近隣の駐車スペースを必要分だけ確保出来そうな場合でも、物件から多少離れている場合もある。

50mや100m程度離れていても、2台目の駐車スペースであれば許容範囲内だろう。

それでも駐車スペースが足りない場合は、敷地内の駐車スペースを狭くするしかない。

駐車スペースの区切りは2.5mが標準だが、それを可能な限り狭くするのだ。

私の経験上、2.4mだと全く問題ないが、2.3mだと大分狭く感じる。ただし2.3mも無理ではない。実際にやっている人も居る。

駐車スペースを2.3m未満に設定している人は聞いたことがないが、さすがに難しいだろう。軽自動車しか停められなくなってしまう可能性が高い。

駐車スペースの幅を2.5mから2.3mに減らせば、20cm分のスペースが確保できるようになる。

駐車場の空きスペースを作るのにあと1m足りないなどのケースにおいては、このような取り組みをすることにより、1台分の駐車スペースが確保できるようになるのだ。

地道な取り組みだが、これで空室が1部屋改善されるのであればやるべきだろう。

駐車スペースで困っているのであれば、参考にしてみてほしい。

  • twitter
  • facebook

トップ1%の物件を3か月以内に買うのも夢じゃない!
オンライン講座で学べる不動産投資戦略。

無料オンライン講座とは

メールアドレス

ご記入いただいた個人情報は、不動産投資ユニバーシティ<アパート経営・資産運用>のメール配信とご案内のみに使用させていただくものです。あなたの個人情報が第三者に渡されることはありません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

関連記事

無料オンライン講座 物件購入・融資付けノウハウを学ぶ

特集

  • 失敗しない金融機関選び25選
  • メガバンクから金利1%台で融資を受ける方法
  • 消費税還付で500万円得した事例
  • 一棟マンション・ビル・アパートを高値売却するため方法
  • 不動産投資のリスク
  • リフォーム事例と費用
  • 講師代表 志村義明氏インタビュー
  • 会社に勤めながら資産をつくる「不動産投資」入門