マンション経営のリスクを回避するには情報収集が重要

不動産投資は数千万円以上の借金をして始める人が多いため、失敗するとリカバリーが効かないリスクを伴う。

この項では、入居率低下、価格の下落、天災の発生などのリスクに対する対処と、どのような人が不動産投資で失敗するのについて解説しようと思う。

不動産投資は、1室目、1棟目の購入には、かなり慎重になるべきだと私は思う。

ただ、逆説的な話になるが、不動産投資はやってみないと始まらない部分も少なからずある。

やりながら経験を積んで覚えるしかないのは、どの世界でも同じだろう。

初めから、キレイで入居率も良く利回りの高い完璧な物件を探していたら、永遠に不動産投資を始められなくなってしまうのだ。

これだけは確実に言えるが、本気で不動産投資に取り組む決意をして物件を買ったにもかかわらず、アパート経営が上手くいかなって破綻すること99%ない。

事実、アパートローン大手の銀行の破たん率のデータを見ると、1%未満の水準になっている。

当然ながら、不動産投資で失敗を回避する方法は、私の中では確立されている。

慎重になるべきではあるが、過度に心配し過ぎる必要はないのだ。

重要なのは、 「割安で買うこと」 と 「キャッシュフローが出る物件を買うこと」 の2点だ。

これさえ間違わなければ、買った後多少のことが起きてもリカバリーは容易だ。

このサイトでは、不動産投資のリスクをどのように回避するのかについて、かなり力を入れて詳細な解説を書いた。

不動産投資で失敗する人の特徴は、自分で情報収集をして学んでいないことだ。

失敗事例をいくつか掲載しているので、是非参考にしてみて欲しい。

  • twitter
  • facebook

トップ1%の物件を3か月以内に買うのも夢じゃない!
オンライン講座で学べる不動産投資戦略。

無料オンライン講座とは

メールアドレス

ご記入いただいた個人情報は、不動産投資ユニバーシティ<アパート経営・資産運用>のメール配信とご案内のみに使用させていただくものです。あなたの個人情報が第三者に渡されることはありません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

関連記事

無料オンライン講座 物件購入・融資付けノウハウを学ぶ

特集

  • 失敗しない金融機関選び25選
  • メガバンクから金利1%台で融資を受ける方法
  • 消費税還付で500万円得した事例
  • 一棟マンション・ビル・アパートを高値売却するため方法
  • 不動産投資のリスク
  • リフォーム事例と費用
  • 講師代表 志村義明氏インタビュー
  • 会社に勤めながら資産をつくる「不動産投資」入門