収益物件の概要資料・レントロールの目利き6(愛知RC物件)

愛知県の郊外にあるRC物件の概要資料を見てみよう。

利回りは12.97%とRC物件にしては悪くなさそうだ。

前回と同じく、この概要資料のどこを確認するべきかをまずは考えてみてほしい。

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・

では解説を始めよう。

昭和63年築なのでやや古いが、建物も1,214㎡あるので、積算評価も出る可能性がある。

容積率も200%なので適法物件だ。

レントロールがないので詳細な確認が出来ないが、店舗の入居具合をまずは気にするべきだろう。

例え店舗にテナントの入居があったとしても、このような郊外の住宅地域ではよくよく慎重になった方がいい。

総家賃に対する店舗家賃の比率が2割を超えていたら、かなり危険だ。

「過去10年以上入居している」

「地元にしっかり根付いた企業が事務所として使っている」

などの、不動産会社からの甘言に騙されてはいけない。

もう一点気を付けるべきなのは、駐車場を借地している物件だという点だ。

このような郊外では1戸に1台以上の駐車場が不可欠だが、図面からは隣地の土地を借りて駐車場にしているようだ。

この駐車場の借地料が6.4万円と高額だ。この金額を加味すると利回りは12.97%から12.45%まで落ちる。

この物件は4F建ての1Fが全て店舗なので、店舗比率が恐らくそれなりに高いと思われる。

凄く良いと断言できる物件ではないが、レントロールは一応取り寄せてもいいだろう。

  • twitter
  • facebook

トップ1%の物件を3か月以内に買うのも夢じゃない!
30日間のオンライン講座で学べる不動産投資戦略。

無料オンライン講座とは

お名前(姓名)
※名前(姓名)を正しく入力していない場合、解除する場合があります。
メールアドレス

ご記入いただいた個人情報は、不動産投資ユニバーシティのメール配信とご案内のみに使用させていただくものです。あなたの個人情報が第三者に渡されることはありません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

関連記事

無料オンライン講座 物件購入・融資付けノウハウを学ぶ

特集

  • 電話やスカイプで直接相談ができる!面談お申込み
  • メガバンクから金利1%台で融資を受ける方法
  • 物件資料の目利き講座
  • 不動産投資のリスク
  • 不動産投資のアパートローン活用講座
  • リフォーム事例と費用
  • 講師代表 志村義明氏インタビュー
  • 会社に勤めながら資産をつくる「不動産投資」入門