収益物件の概要資料・レントロールの目利き3(茨城高利回り物件)

物件の概要資料を見る練習を続けよう。

海岸沿いの高利回り物件だ。

以下の文章を見てしまう前に、自分だったら購入するかどうかをまず考えてみてほしい。

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・

答えは出せただろうか?

では、解説に移りたいと思う。

この物件は築20年以上の木造物件だが、利回りが15.4%と結構高いことが目を引く。

土地の面積が658.43㎡と広い。

地価マップで路線価を調べると、路線価は1.8万円/㎡だ。

耐用年数はオーバーしており土地の価格もかなり安いので、この時点で積算は売価を下回ることがわかる。

投資額を数億円以上の規模にしたい場合、積算は重視して物件を探した方がいい。

その場合は、この時点でこれ以上の情報は見る必要がない。

この物件の良いと思われるのは以下の点だ。

・外壁塗装がされている

・駐車場が部屋数分ある

・敷金が2か月取れている

逆にもう少し調査が必要なのは次の2つだ

・募集家賃の2.5万円は適切か

・ワンルームの需要がある地域なのか

現在の募集家賃が2.5万円で3部屋空いているので、3.5万円取っている部屋も恐らくいずれその位の家賃帯になることが予想される。

その場合、利回りは11%台になってしまう。

こう考えると、積算も出ていないのであまり良い物件ではないように思える。

この物件は、高利回りの木造を1,2棟買いたいような人は、指値をして買付を入れてみてもいいかもしれない。

ただし、自分の属性を使って無理矢理融資を引くことになるので、その点は慎重になった方がいいだろう。

  • twitter
  • facebook

トップ1%の物件を3か月以内に買うのも夢じゃない!
オンライン講座で学べる不動産投資戦略。

無料オンライン講座とは

メールアドレス

ご記入いただいた個人情報は、不動産投資ユニバーシティ<アパート経営・資産運用>のメール配信とご案内のみに使用させていただくものです。あなたの個人情報が第三者に渡されることはありません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

関連記事

無料オンライン講座 物件購入・融資付けノウハウを学ぶ

特集

  • 電話やスカイプで直接相談ができる!面談お申込み
  • メガバンクから金利1%台で融資を受ける方法
  • 消費税還付で500万円得した事例
  • 不動産投資のリスク
  • 不動産投資のアパートローン活用講座
  • リフォーム事例と費用
  • 講師代表 志村義明氏インタビュー
  • 会社に勤めながら資産をつくる「不動産投資」入門