空室テナントでもコンビニなら需要がある

コンビニ付きのマンションは誰しも見たことがあるだろう。

1Fがコンビニで2階以上がレジデンスになっている物件だ。

入居者にとっては大変便利な物件だと言える。なにしろ雨に濡れずにコンビニに行けるのだ。必然的に依存度は増すだろう。

私はテナントとレジデンスの併用物件は基本的にはおススメしていない。

コンビニ物件と同じく、1階が飲食店や事務所になっていて2階以上がレジデンスになっている物件だ。

何故なら、1階のテナントが空いた途端に大ダメージをこうむる可能性が高いからだ。

このような物件のレントロールは概して下記のような形になっている。

101 300,000円
201 70,000円
202 73,000円
203 72,000円



601 71,000円
602 73,000円
603 72,000円

この物件でテナントである101が空いてしまったら、それだけでキャッシュフローがマイナスになってしまう可能性が高い。

景気を鑑みても、これでは空室リスクが高いと思わざるを得ないだろう。

よほど駅近で需要が固くない限り危険だ。

しかし1Fのテナントがコンビニであるなら話は少々変わってくる。

コンビニは近年出店競争が加速しており、閉店も多いがその跡地に他のコンビニが出店するケースが増えているのだ。

2013年度は4,200店増えており、2014年度は4,700店さらに増えている。

コンビニ各社の店舗数合計は5万店を超えているのだ。

以前4万店を超えた時に「飽和状態」「頭打ち」と言われていたが、各社ともサービスを変化・充実させており、勢いはとどまりそうにない状況だ。

消費者がコンビニに求めるのは利便性と安心感だと言われている。

「コンビニが消費者に飽きられる時が来ないのか?」と良く言われるが、飲食店と違って消費者はいつも同じ商品が買えることをコンビニに求めているのだ。

今のところ、飽きられる可能性は低いだろう。

しかしながら近年は、採算が取れるのか心配になるぐらい都内の広い駐車場が付いたテナントにも、コンビニが出店している。

コンビニは出店も多いが閉店もなくはないので、需要の予測は必要だ。

しかし一番重要なのはその店舗が儲かっているかどうかなので、コンビニ付の物件購入を検討する際は、どの程度売り上げがあるのかなどのヒアリングは行っておきたい。

合わせて、契約書の内容や敷金の額なども売買契約前にしっかり確認する必要があるだろう。

テナント付き物件は慎重になる必要があることは変わりないが、入居テナントがコンビニであればその心配は多少軽減される。

  • twitter
  • facebook

トップ1%の物件を3か月以内に買うのも夢じゃない!
オンライン講座で学べる不動産投資戦略。

無料オンライン講座とは

メールアドレス

ご記入いただいた個人情報は、不動産投資ユニバーシティ<アパート経営・資産運用>のメール配信とご案内のみに使用させていただくものです。あなたの個人情報が第三者に渡されることはありません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

関連記事

無料オンライン講座 物件購入・融資付けノウハウを学ぶ

特集

  • 失敗しない金融機関選び25選
  • メガバンクから金利1%台で融資を受ける方法
  • 消費税還付で500万円得した事例
  • 一棟マンション・ビル・アパートを高値売却するため方法
  • 不動産投資のリスク
  • リフォーム事例と費用
  • 講師代表 志村義明氏インタビュー
  • 会社に勤めながら資産をつくる「不動産投資」入門